発達障害児の災害対策~水害編~

2016年12月6日

発達障害児とHAPPYに暮らすための「親子生活向上ホームケアプログラム”Happy Life recipe”」を提案するHash! です。

 

近年、気候の変動や自然災害がとても多くなっている中、発達障害児の災害対策しっかりしてますか?

 

今回は水害編です。車編はこちらから

 

さて、天気がおかしいおかしいと言われて何年経つのでしょうか。

急なゲリラ豪雨やどしゃ降り、かと思えば暑い日が続いたり、大雪だったり、台風だったり。

都市型水害もありますね。

 

地球がおかしいことになっているなとつくづく感じます。

 

新潟も大きな地震があったり、かなり昔には新潟大地震もあったことから今後ももっと大きな地震があるのではないかと言われているので、自然災害はかなり

不安を感じています。

 

自分のことだけではなく、発達障害児も抱えてますから!

 

日本海側だって津波対策は必要!

日本海側は津波がこないと言われていましたが、見直しをしたようで、市では9.5メートルクラスの津波の想定をしました。

 

皆さんもご自分の地域のハザードマップで確認してくださいね。新潟市の津波ハザードマップ

 

わが家の辺りはとても低い地域なのでばっちり避難区域にはいってます(-_-;)

しかも河川も近いので、ハザードマップ以上に水害はあると思います。

 

9.5メートルだと約3階ほどの高さ!!

 

幸い近くに高いマンションがあるので、子供たちには「津波警報がでたら必ず5階以上に逃げるんだよ!」と口をすっぱくして何度も何度も何度も繰り返して言っています。

 

亡くなったばあちゃんが「この辺りは水に浸る」と言っていました。

たぶん大昔の新潟地震のときか、河が氾濫したときのことかはわかりませんが先人の言葉はちゃんと聞いておかなければいけません。

 

津波だけではなく、河川の氾濫だって考えられます。

我が家は比較的に近くに大きな河川もあり、決壊すれば確実に水は来ます。

 

だから対策はしっかりしておきたいと思っています!

 

水害対策に欲しいもの

一番欲しいのは「救命胴衣」家族分です^^

実際の津波となると水だけではないので、「救命胴衣があっても無駄」という意見もあるようですが、我が家の周辺は土地が低くてゲリラ豪雨の際は水没してしまうのでそんな時にでも役に立つ場合も必ずあるかと思っていますので私は欲しいと感じます。

 

子供たちの分は海で遊ぶときのものがあるのですけどいただきもので古くなっているし、私は泳げないし高齢の両親の分も欲しいです。

 

せっかく着用していても衝撃などで意識を失ってしまった場合、普通の救命胴衣ではそのままうつ伏せになったまま浮いてしまうので、意味がありません。

 

まだ手動で膨らませたりするのもありますが、そんな悠長なことはいってられないし、自動で膨らむタイプもあるそうですが必ず膨らむという保証もないし。

 

実はそれを解消している商品があるのです!

 

それが「モンベル(mont-bell) 浮き輪 浮くっしょん」です。

 

 

なによりしっかり「仰向けになる」というのが最大のポイントだと思います。仰向けで身を任せて体力を温存することが重要です。

 

私が欲しいのはモンベルのもの。普段はクッションとしても使えるそうですが、私の重たいお尻の下にいつもあったら肝心の時に役立たずになりそう^^

こちらは子供用。

車にも置いておきたいですね。

 

リリーフのライフジャケット」も仰向け仕様です。こちらも気になります。

残念なのがせっかくその救命胴衣は学校の椅子にクッション代わりとして置いておけるようになっているのに、うちの子供の小学校の先生に聞いたら「そういったものは置けません」とピシャリ!

 

正直なんで?と思いました。

 

特に娘っちは場面緘黙症なのでしゃべれません。さらにちょっとトロイ・・・

なのでかなり心配なんですよ・・・

 

そういった時もみんなに合わせなくてはいけないのかなとか。

かといって個人個人で好き勝手にさせると色々問題があるのもわかる!!

 

日本海側は津波はこないと言われていたこともあり、あまり水害対策については考えられてないのかなと

感じます。

もう少し学校は水害対策について考えてもらいたいなと思いますね。

難しいところです・・・

 

でもそのくせなんかあれば「学校のせい」とか親は言ってしまうだろうし。

 

なのでみんなと行動しなければならないなかでも自分ことは自分で守ることもしっかり教えてあげたいです。

 

ゲリラ豪雨には靴が重要

水なら長靴でしょ!と思いがちですが、長靴の場合、水が入ってしまったらおしまい^^

そういわれればそうですね。

 

水が入れば重くなって歩けなくなるし、ごみは入るしで大変です。

 

なので水害時には靴がいいんですって!

 

 

家周りの対策

家の辺りはほんと低いので、ちょっとしたゲリラ豪雨でも水が上がりそうでいつもヒヤヒヤしているのです。

 

ゴムボードなども欲しいなあと狙ってますが、膨らませてる余裕あるんかい!って感じも否めません^^

 

土嚢は必須だと思います。

実は土嚢は行政でタダでもらえますので、ぜひ調べてみてください。

一応我が家にも土嚢はありますがこれ以上土嚢があると場所も取るし、とはいえ今ある分足りないと思うので水を入れたら膨らむタイプの土嚢も狙ってます♪

まとめ


PAGE TOP