幸せってなんだろう・・・人付き合い編

2015年5月1日

発達障害児とHAPPYに暮らすHash! です。

 

営業としてあちこち回ったり、顧客担当としてお客様のところへ何千件というところへあちこち回っていたことがあります。

人ごみ
人、人、人

 

本当に色々な方を見てきました。

 

私は根暗なアクティブ行動派(なんじゃそりゃ)なので、色々知りたいし、色々やってみたい、生きていることを実感したいタイプです。

 

なので子供たちにも色々な世界を見せてあげたいと思っていました。

 

日本だけではなく、世界という大きなものも見せてあげたい。

 

でも・・・

 

県外に住んだことがなく(旅行などは別)、自分の住んでいる地域の人と結婚して、地元相手で商売し、好きな人たちと交流してとても人生を楽しんでいる人たちも多く見てきました。

 

地元のしっかりとした企業でのんびり仕事して、家族と仲間と楽しんでいる方もたくさん見てきました。

 

もちろん永い人生ですから辛いこともないわけではないと思います。

 

でも皆さんとても幸せそうなんです。

 

最近そういった幸せも幸せなのかなって思うようになりました。

 

私の母が典型的なそんなタイプ。

 

世間を知らず、身近な部分しか知らなくてそれって幸せなのかなって思ってました。

 

でも最近思うのです。

 

無理にたくさんの人たち、色々な人たちと出会わなくたっていいんじゃないか。

 

知らないことも多くてもいいんじゃないかなって。

 

特に娘っちは場面緘黙症でごくごく限られた人としかしゃべれない。

 

正直今でも焦ります。将来大丈夫かなって。

 

でも最近それもいいのかもって思うようになりました。

 

私が勝手に友達100人いた方がいいってずっと思い込んでいたのかもしれません。

 

なぜならようやく最近

「私って実は人付き合い苦手かも」って気が付いたから。

 

一見知り合いが多くて、「知り合い多いね~」って言われていた私。

 

でも本当に気が許せるのは何人いたっけ?って。

 

実はずーっと友達100人に憧れていただけかもしれない。

 

フェイスブックで友達が多くても、フェイスブック辞めますっていって「残念」「どうしたの?」とか声かけてくれたのはほんの一握り。

 

その大切な人たちと過ごした方がいい。って思うようになりました。

 

場面緘黙症だって悪くないかも。

 

とはいえ、いい人と出会わなくては彼女にとっては訳も分からず辛いものになるばかり。

 

人付き合い、まずは私から考えを改めなくてはいけないな。

 

 


PAGE TOP