牛乳・卵・小麦・大豆・ピーナッツアレルギーと発達障害2

2015年5月13日

発達障害児とHAPPYに暮らすためのHash! です。

 

牛乳・卵・小麦・大豆・ピーナッツアレルギーと発達障害1の続きです。

 

牛乳・卵・小麦・大豆・ピーナッツアレルギーと発達障害1はこちら

 

一般的なアレルギー検査では牛乳と卵、ダニ・ハウスダスト程度と言われ、遅延型アレルギー検査を受けました。

 

結果、牛乳・卵・小麦・大豆・ピーナッツは強い反応があるので6か月くらい除去という診断を受けました。

アレルギー
アレルギー

とはいえ、遅延アレルギー検査を受けたところの先生は「完全除去」っていってましたが、うちの場合はアナフィラキシーがでるわけでもないので、完全除去はちょっと危険かなと思っていました。

 

この5つ結構食べ物制限されます。

 

まったく除去してしまって、そこから徐々に食べさせる。という流れなのでしょうが、徐々にもどの程度からかわからないし、そのちょっとで反応が始まってしまうかもしれないと感じたのです。

 

栄養不良になるため検査は?ということで学会が有効性を否定しているようですね。

食物アレルギー「IgG抗体検査」 学会が有効性を否定

IgG抗体量とアレルギーとの関連性は科学的に認められないためで、検査結果によってアレルギーの原因でない食品まで摂取を避けることにより、低栄養などに陥る恐れがあるとしている。

中日新聞さんの記事です。

 

案の定、代替医療の先生に聞いたら(一応れっきと医師ですが)アナフィラキシーがないのであれば、完全除去は子供にはちょっと危険かもっておっしゃって。

 

ということでかなり減らす方向でいってます。

 

とはいえ、あくまでもうちの子の場合です。

 

完全除去がいいお子さんもいらっしゃいるでしょうから、それはかかりつけの先生にしっかりご相談くださいね。

 

でも結構上の5つだけでも食べるのって制限されますね。

 

アナフィラキシーが出る子だったらどれだけ大変かと本当に思います。

強いアレルギーを持っているお子さんをお持ちの方のご苦労察します。いつも頑張ってらっしゃってすごいなと尊敬します!

 

保険もきかず、料金が高いけど遅延アレルギー検査受けてよかったです。

 

学校で牛乳もストップしてもらうことができました。

 

娘っちは聞き分けがいいので、食べない方がいいよっていったら聞いてくれますが息子っちはだめだろうな・・・

 

しかも息子っち調べてないし^^

 

たぶんなんか持ってます。

 

早く調べてあげないと。

 

娘っちのアレルギーで嬉しかったのは、英語教室でお料理作る時にケーキを作ることがあってちゃんと自分で「小麦と卵アレルギーがあるから食べられない」と先生と一緒のお姉ちゃんに言えたこと!!

 

とっても嬉しかったな~

 

場面緘黙症だからあまり人とはしゃべれない分、自分の意思を人に言えるってほんと第一歩!

 

アレルギーのおかげかな^^

 

なんだか体調がすっきりしない、何か食べた後だるそう・・・とか意外とアレルギーが原因かもしれません。

アレルギーが原因って気が付かないことも多いのです。

 

皆さんにもぜひ遅延アレルギー検査をお勧めします!!

 

 

 


PAGE TOP