まずはその玄米食が正しいのか自分も疑おう!

2015年5月13日

発達障害児とHAPPYに暮らすためのHash! です。

 

食事で人は作られます。

 

食事は本当に大事です。

 

と言っているHash!ママですが適当なところがたっくさんあります^^

 

食事など気にしない人たちと一緒の時は、その人たちに合わせます。

 

コンビニのお弁当だって食べます。

 

子供たちも添加物たっぷりのお菓子が大好きです。

 

身体に悪いことはわかっているけれど、みんなが食べているときに自分だけ違うもの食べるのって子供にとってすっごいストレスだと思います。

 

まだまだ小さいうちは人と一緒が嬉しいもの。

 

お母さんから厳格な食事療法させられていた人が大きくなってからジャンクフードばかり食べるという話も多く聞きますね。

 

とはいえ、食事に気を付けるのは親の役目。

 

家ではしっかりとした手作りの安心できるごはん食べさせたいですよね。

 

マクロビオティックはずいぶん世間に知られてきて、実践されている方も多くいると思います。

 

基本的にはお肉やお魚は極力控えた玄米菜食で、加熱食。

 

その根本的な考えはとても素晴らしく、身体にもとても良いと思います。

 

特に玄米を食べましょうと推奨しています。

玄米
玄米 美味しいですよね!

が、

 

私も玄米を食べていたことがありますが、効果をいまいち感じられませんでした。

 

そして玄米ってそんなにいいものなのかな?と疑問を持ちました。

 

やれフィチンが大事な栄養まで体外へ出してしまうとか、胃を痛めるとか色々な説も聞きました。

 

ろくに勉強もせず、あーやっぱりそうなのね。くらいでした。

 

でもある方の記事を読んで納得。

 

玄米も食べ方によって毒になるのだなって。

 

とてもためになる情報が載っています。リンクURL勝手に貼れないので紹介できずすいません。

 

もちろんこの方の場合なので、きちんとご自分でも色々他も調べたり、実際に検証してくださいね。

 

お子さんに身体いいからといって玄米食べさせている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

玄米って本当にいいの?ってまずは疑う事。

 

いくら良いものだって食べ方によって毒にもなります。

 

私もすぐ鵜呑みにしちゃいがちなので色々な方面から調べて実行していきたいと思っています。

 

発芽玄米が炊ける炊飯器はずーーっと狙ってるんですがね^^

 

 


PAGE TOP