息子っち!発達障害と気が付いて良かったよ!パートⅡ

2015年9月4日

息子っち!発達障害と気が付いて良かったよ!は←こちらから

 

の続きです。

 

言語についての遅れを保育園で指摘された息子っち。

 

常に怒っているようで、手がでる息子っちは保育園でもトラブルだらけでした。

トラブル
トラブル続き・・・

「言葉がでないので手が出やすいのではないでしょうか」という保育園の先生からの言葉も納得しました。

 

とにかくこの頃は、お友達とのトラブルも多くて保育園にやるのも嫌でした。

 

私は仕事でお迎えしてませんでしたが、仕事から帰ってくると母が「今日は先生に●●君を引っかいたみたいと言われた」とか毎日なんやかんや言われるのが嫌で嫌でたまりませんでした。

 

なんとか言語障害の病院を探し、行ってみました。

 

「カードのようなものを見せ、カードの内容を先生がしゃべって息子っちに選ばせる」といったもの。

CARD
カードゲームなら良いのにね

当たるととっても嬉しかったのを覚えています。

 

その他なんかやりましたが、あまり覚えていません。すいません。

 

数回通いましたが毎回行ってもそれをやるだけで、以前より何かやり方を変えるとか増やすとかでもなくただただ繰り返すだけ。

 

家でできることについては「声がけを」程度で、他にこれといった指導もなく。

 

なんだか来る意味あるのかなって疑問を持ち始めました。

 

「これなら家でやっているのと変わらない」 「 もっと自分でできることないのかな」って。

 

それからはネットと格闘です。

 

シングルマザーでフルタイムのワーキングママでしたので、カードなど作る時間がなかったのでまずは色々なカードや本を買い漁りました。

 

その日からです。

 

Hash!ママが医師に頼りすぎないで、自分でできることをやっていこうって決めたのは。

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGE TOP