何気なく覚えさせるためには大切なこと

2015年9月11日

発達障害児とHAPPYに暮らすHash! です。

 

 

息子っちはひらがなが覚えられなくて本当に本当に苦労しました・・・

 

でも年中にはすべてのあいうえおとカタカナ、アルファベットの大文字を覚えることができました。

 

あいうえお表を見ながら「あいうえお」と言った後で、「じゃあこれは?」と「あ」を見せても「わかんない」とにっこり^^

 

「今『あいうえお』って言ったばっかりだよね・・・」←この言葉はわたしの独り言です。

 

 

あいうえお表は気に入っていたようで、毎日毎日何回も何回も「あいうえお」「あいうえお」と繰り返していっていたので数千回はあいうえおを言っていたかもしれません。

 

 

なのに「これは?」と聞くと「わかんない^^」と可愛い笑顔でにっこり。

 

 

その笑顔は可愛いが、うむむむむ・・・

 

Hash!ママは負けませんでした。

 

あいうえおをどう覚えさせるか

そんなにあいうえお表が好きならどこにでもおいてやれ!!と思い、

・お風呂

・机にビニールシートをしいてはさむ

・トイレ

・壁

・寝室

 

とあらゆるところにおきました。

 

机にいたっては1枚だけではなく、3枚くらい入れました。

 

1番効果的だったのがお風呂とトイレ!!

map
map!

この写真は地図ですが、左がパズルのようなもので県名が漢字だけ。なので右側は県名にふりがなが書いてあるものを置いて、見て名前を確認しながらパズルをするようにしています。

 

地図は覚える気がなく、山形県と千葉県と熊本県しかわかりません^^

 

とにかく何回も何回も何回も何回も毎日根気強く繰り返しました。

 

あまりに覚えないのでわざとやってるのか?!とイライラしたときもありましたが、母の愛でじっくり時間をかけて一緒にやりました。

 

今ではちゃんとあいうえお、カタカナ、ABCはしっかり読めるようになりました。正直、涙涙でした。

 

もうあいうえお表はボロボロなので写真はとれませんでしが、今度は地図をはっています。

 

プログラミングをさせたいと思っているので英語の小文字も何とか覚えさせたいので、くもんのカードでやってます。

英語カード
英語カード

発達障害児はどうしても普通の子供たちより遅れてしまいがち。

 

でもコツコツあきらめないでのんびりでいきましょう。

 

皆さんもありとあらゆるところに文字を置いて覚えさせてはいかがですか?

 

 


PAGE TOP