超音波吸入器「ホットシャワー」で後鼻漏 風邪 鼻炎を快適に!

2016年12月8日

発達障害児とHAPPYに暮らすための「親子生活向上ホームケアプログラム”Happy Life recipe”」を提案するHash! です。

 

子供は耳鼻科にかかる頻度多くないですか?

 

実は私も子供の頃はそうでした。

 

小学校の頃は小学校の向かいに耳鼻科があって、帰りに寄るのが定番でした^^

今ではあまり耳鼻科にご縁がなく(風邪ひいたときには耳鼻科にいくのがいいらしいですけど)ありがたいですが。

 

 

私に似たのか、娘っちは小さい時から鼻が悪くて、いつもグズグズ。

 

 

保育園の検診でも「副鼻腔炎です」と言われたり、常にくしゃみ・鼻水で、しょっちゅう耳鼻科のお世話に。

 

 

ホメオパシーなどでは対応しきれずの酷さ。かといって薬は飲ませたくないので、鼻水を吸いにいってもらったり、薬局で鼻水器を使ってみたり試行錯誤していました。

 

 

しかも風邪でもないのにいつも咳き込んでいて、おかしいなと思って色々調べていたら「アレルギー」も原因の一つ!

通常の医院で受けれるアレルギー検査と、特別な医療機関で受けれる遅延型アレルギー検査を受けてみました。

 

結果アレルギーてんこ盛りだったので、単なる鼻の薬だけじゃ治るわけなかったわけです。

でも早めに気が付いてよかったです。

 

皆さんもいつまでも子供の鼻がよくならない場合はアレルギー検査もぜひ受けてみてくださいね。

 

そしてその様々な鼻の症状からくる「後鼻漏(ごびろう)」もあるらしいという事が発覚!

 

後鼻漏とは?

後鼻漏(ごびろう)」とは

鼻水がのどに流れてくる(落ちてくる)症状のことを言います。

 

なので風邪でも風邪でもないのに咳き込むわけです。きっかけは副鼻腔炎でなることも多いそうですね。
耳鼻科の先生に「うちの子、後鼻漏ではないですか?」と聞いたのに軽く無視されたので^^

結構耳鼻科の先生はそういうところがあるので頭にきたことも!

 

耳鼻科はいつも満員で忙しいのでしっかり話を聞いてもらえないし、流れ作業的な感じでほんと嫌な思いすることが多いです。

後鼻漏に効果がある薬もないので、対応が面倒くさいんじゃないですかね^^

 

とにかく常に鼻がグズグズしていて可哀想なんですが、じゃあどうしたらいいの?でほんと困ってました。

 

赤ちゃんの時の鼻吸いポンプ?みたいなものでは吸いきれないし、でもいちいち耳鼻科に行って鼻を吸ってもらうのも大変だし、鼻水をほおっておくと大人と違って鼻水が中耳へ入りやすくて中耳炎にもなりやすいということで、自宅で鼻を吸えないの?と思っていたとき、ネットで調べていた時に「電動の吸引機」という存在を知りました。

 

さらに色々探しているうちに後鼻漏は鼻が乾燥するとさらに悪化するらしいので、単なる吸うタイプではなくてスチームがでるのはないかなと思って見つけたのがこれ↓

エーアンドディ 超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B

この「エーアンドディ 超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B」は医療機関でも使われているそうで、実際私が行ったことのある耳鼻科にも置いてありました。
エーアンドディ ホットシャワー

エーアンドディ ホットシャワー

 

この「エー・アンド・デイホットシャワー」の特徴は生理食塩水のスチームがでること!!

鼻水がたらたら垂れてきます^^

 

この「ホットシャワー」は構造が単純なので、お掃除も楽だし組みたても簡単で、終わった後の片付けも簡単なのがいいですね~。

 

大きさもそれほど大きくないので片付け場所にも困りませんよ。

まとめ


PAGE TOP