虫歯対策には次亜塩素酸水にするはずだったけど・・・

2016年7月13日

発達障害児とHAPPYに暮らすための「親子生活向上ホームケアプログラム”Happy Life recipe”」を提案するHash! です。

 

 

お恥ずかしながら、Hash!ママの口腔状態は酷いです・・・

今のところ虫歯はありませんが、ただでさえ虫歯になりやすい体質なのに磨き方がどうも上手くないらしく、ずっと歯医者さんにかかりっぱなし。

歯みがき大事
歯みがき大事

 

一度虫歯になってしまうと感染症ですから、油断すると広がり続けるんですよね。で、治療して詰めたところからさらに虫歯になるという悪循環・・・

 

なので歯を詰めたらおしまいですよ、皆さん。

 

虫歯菌はキスや箸などで食べさせると移るといいますが、まさにその通りで子供たちは虫歯があります。

 

チューしまくってましたから^^

 

治していると次は隣の歯が、そしてまた・・・と子供も悪循環になっています。

 

なんとか私のようにならないようここでストップさせるために色々調べまくりました。

 

その中で「次亜塩素酸水での「うがい」が虫歯いい」と聞いたので、実は以前試してやってみました。

スッキリしますし、何より朝べたつきも少なくて口臭もほとんど感じません!!歯周病にもいいそうですよ。

 

その効果から実際に治療などに次亜塩素酸水を使っていたり、販売している歯科医院も増えています。

 

Hash!ママが一番気に入って使用していたのは「弱酸性次亜塩素酸水 CELA」です。

まあその他「コモスイ」も買ってみました。

 

次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水」とは厚生労働省が食品添加物として定めている「次亜塩素酸ナトリウム」と「希塩酸」を希釈して作られている人体に安全で無害な消臭・除菌できる弱酸性のものです。

 

 

有機物などに触れた瞬間に分解されて水になるので人にも自然にも優しい水です。

 

人体に安全であることは科学的に証明されていますが、医薬品・医薬部外品として認定されていません。

まだまだ各自使う人の「自己責任で」という扱いです。

 

名前が似ていて間違えやすいですが次亜塩素酸ナトリウムとはまた違うものです。次亜塩素酸ナトリウムはハイターカビキラーなどの強アルカリ性の塩素系漂白剤の成分で、毒性です。

実はミルトンなども次亜塩素酸ナトリウムが主剤なのです。怖いですね・・・

 

皆さんカット野菜がこの次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダなどとも言われる)で洗われているんですよ。ちょっと消毒薬の匂いがすることありませんか?

一応その後水洗いするようですが、私は以前マクドナルドの生野菜を食べたとき、「なんだか消毒薬の匂いがするなあ」と感じたことがあります。

 

いくら次亜塩素酸ナトリウムが一応食品添加物扱いだとはいえ、次亜塩素酸水とは違って残留が気になるし野菜の栄養も取られているように思いますので、こういったもので消毒されているもんは食べたくないですね。

 

また、「弱酸性次亜塩素酸水」と「微酸性次亜塩素酸水」はまた違うものです。

 

次亜塩素酸水の効果は?

①とにかく強力な除菌・殺菌力!

除菌・殺菌力は目に見えないのでわかりませんがほとんどの菌をやっつけることができ、ノロウィルス・ロタウィルスなどには私の大好きなアルコールは効かず、次亜塩素系は効果があるのです。

 

菌のタンパク質を損傷するので、菌は破壊されてしまうためそこから増えることができなくなりますのでやっつけられるわけですね。

 

アルコール消毒では不安な口に入れてしまいがちなおもちゃなどの消毒にもお勧めです。

 

 

②そしてすごい消臭力!

私が次亜塩素酸水を使ってびっくりしたのがとにかく消臭のすごさ。サッとかければ匂いが消えてしまいます。

 

この点はすごいなあと思ってます。

 

高齢者施設やペットを扱っているところでも使われているそうですよ。

 

 

③空間除菌ができる!

人体に無害なので空間除菌ができるのもいいですよね。スプレイヤーでシュッシュと気兼ねなくできます。

ノロが保育園などで流行った時は我が家では部屋にシュッシュとやってましたよ。

 

ですが、似たようなものだからとくれぐれも次亜塩素酸ナトリウムを薄めて使う場合は危険ですので、空間除菌はやめましょう。

 

次亜塩素酸水を空気清浄機などに入れれる商品もありますが、ニュースなどでも問題視されてましたよね。

空気清浄器やアロマデュフィーザーなどに入れての空間除菌はやめてくださいね。

絶対にしてはいけませんよ。

 

 

様々なメリットがある「次亜塩素酸水」は小さなお子さんから高齢者、ペットを飼っている方すべてに使えて激おすすめ!

なんですが、もちろんデメリットもあります・・・

 

次亜塩素酸水のデメリットは?

性質上、数か月で効果が薄くなったり、効果がなくなってしまうこと・・・

紫外線に長時間当ると普通の水にもどります。そして多少金属を腐食させる効果があるそうなので使う場所には気を付けましょう。

 

本当は常備しておきたいのですが、長期保存ができないのが超デメリット!

日がたつと匂いも味もどんどんなくなっていきますよ。

 

そして普段使いには値段が高い

毎日使うとすぐなくなるのでちょっと高いです。長期保存ができればそれでも値段は高く感じないですが、急いで使わなくちゃ!となるとちょっと厳しいですね。

 

汚れを落とす効果はないので、除菌したい対象物が汚れていると除菌効果を発揮する前に反応してしまって、せっかくの効果を失います。

まずは汚れを取り除いて洗浄をしてから、最後に仕上げとして殺菌するという使い方がベストです。

やみくもにかけてもだめだということですね。

 

 

結局次亜塩素酸水は虫歯に効くの?

次亜塩素酸水は身体に影響がなく菌やウィルスのみに反応するため、ばい菌を殺してくれる魔法の水♪

 

歯医者さんでも販売していたり、口をすすぐ水が次亜塩素酸水だったりするところもあります。

 

実は次亜塩素酸水を知ったのも医学博士の先生に「虫歯が多いのです~」とたまたま話をしたときに「次亜塩素酸水で口をゆすぐといいよ」と言われたから。

 

その時は「はい!やってみます!」といって数か月やってみました。

じゃあ毎日これで口をゆすげば虫歯も歯周病もさようなら!とウキウキしてたんですが、よくよく考えると

菌を殺す=(イコール)良い菌も殺す」 ということに気が付きまして^^

 

つまりあまりに使いすぎると口腔環境のバランスが崩れる不安があります。

良い菌は殺さないというのも聞いたことがありますが、しっかりと検証されているわけではありませんので。

 

理屈的にはたぶん悪くないと思いますが、いくら安全といわれているとはいえ毎日連続して、しかも長く使ってどうかというエビデンスもわからないので、毎日うがいに使うという事について子供にはちょっと厳しいかなあと感じてしまって毎日うがいに使うのはやめてしまいました。

 

たしかに朝の口臭は減ってちょっといいような気もしましたが、虫歯にならないという効果もよくわからないし(続けなければいけないのかもしれませんけど)買い続けるという経済的にも。

 

ですが、効果効能は体感できているので、今では週2~3回程度に変更し、口をすすいだり、うがいを行っています。

 

次亜塩素酸水に頼り切るより、まずはしっかりとしたブラッシングと甘いものを絶たなければいくらいいものでうがいをしても無駄ですよね^^

 

 

口腔内に日常的に使ってどうなのかというデーターもなかなかないですし(作る側は安全安全しかいわない)、プラス口腔内ですので「除菌後数秒で水に戻る」ので「一回くらいでは死なないし、また菌がすぐさま繁殖するからあまり意味ないよ。」という他の方の意見も。

 

 

じゃあ次亜塩素酸水でしょっちゅううがいして、即、「口腔用プロバイオティクス(オーラルプロバイオティクス)」などでいい菌を入れればいんじゃないか?!とピンときちゃって^^。

実はその方法を推奨している歯科医も結構いまして、+自分で手軽に買る商品あります^^

それはライオンの「 Systemaシステマ オーラルヘルスタブレット

 

↑こういうのです。(これ系は近々試します!)

このタブレットに入っているLS1 という乳酸菌は虫歯の増殖を抑制して、口腔内の細菌バランスを整えてくれる菌です。

そしてLS1は唾液中に存在する菌で、口腔内でなかなか活性する菌がない中、口内活性が高いため口腔内でよく働く乳酸菌だそう。なにより歯周病の悪玉菌の殺菌効果も実際確認されている優れもの~。

 

こちらは「バイオガイア チャイルドケア ストロベリー味 (Lロイテリ菌)

ロイテリ菌」という乳酸菌は虫歯菌の繁殖を阻止する効果もあり、その他病原性大腸菌O157などの殺菌効果、腸内細菌を成長させてくれる効果もあるそうです!

 

こういった口腔用乳酸菌は子供だけではなく、大人も必須かもしれませんね!!

 

 

私の大好きなアイハーブにもオーラル用プロバイオティクスがありました!! ←これ買っちゃいました!!バニラのような味なので子供たちも大喜びです。

アイハーブとはアメリカから日本語で個人輸入できる素敵なサイトです。利用したことがない方はこちらから

 

まあ次亜塩素酸水は菌に触れて消毒した後もすぐ水に戻る=成分が短時間で消える  からこそ安心できるものなのかもしれないですけどね。

ああ~次亜塩素酸水でのうがいは虫歯菌やっつけられるいい案だと思ったんですけどね・・・。不安が残るのでいったんとりあえず連続使用はおすすめしません。

 

我が家は週2~3回使用で虫歯撲滅目指します!

 

毎日使用を推奨される歯医者さんもいらっしゃいますが、まずは自分の体の声を聞いてくださいね。

(あ、歯周病がひどい方は毎日でもいいと思います)

 

虫歯を根絶するには何より一番は「糖を絶つこと!」これにつきます。

 

後は注意点として「除菌!除菌!」としすぎて、菌に耐性がなくなるのも困るので除菌殺菌は適度にしましょうね。

 

買う時のポイント

次亜塩素酸水はかなりの種類があるので、購入する際のポイントとしては

 

・光や空気など配慮しているパッケージであること

すぐに効果がなくなってしまうのももちろんですが、光や空気、温度管理などでもさらに効果が少なくなります。しっかりと考慮してあるものを買う事

 

・濃度の注意

商品によっては希釈するタイプとそのまま使うタイプがあります。

CELAはそのまま使えますが、コモスイは薄めて使います。濃度が重要なだけで、薄めるから効果が薄くなることはありません。ですが、薄める際には濃度には気を付けましょう。

濃度が低いと効果がないとも言われていますので濃度は絶対にチェックです!どちらがとって良いかよーく見て購入してくださいね。

 

・買う時の量

量が多ければ多いほど安いものですから、つい大きなものを買ってしまいがちですが使い切らないくらい買ってもただの水になるだけです^^(いくら無害とはいえ、飲用水には向いていません)

まずは少量で試してみて、多く使うようなら大容量のものを買うのをお勧めします。もしなら大量に買ってお友達と分けてもいいですね^^

 

薄めず使う場合は比較的値段も高めで量も少ないものが多いですが、サッと使えて便利です。

薄めるタイプは安価のことが多く、自分で調整できるので便利ですが面倒さと量が多いことが多いので無駄にしてしまう場合も多々です。

 

・作り方の提示のチェック

業者が特許をとっているかどうかもポイントです。しっかりとした生成方法で作っていない場合は危険です。

 

 

それでも次亜塩素酸水が好き!

まあ色々書きましたが、とにかく私は次亜塩素酸水が大好き!!(なんじゃそりゃだと思うと思いますが^^)

次亜塩素酸水は幅広い菌に対応した殺菌力にすぐれ、しかも安全性が高い!

 

次亜塩素酸水は若干プールの匂いがするものの(同じ塩素の類なので当たり前ですが)とにかく安全なのに強力な除菌力と消臭力はとても魅力的♪

 

 

匂いはほとんどなく、漂白作用もないので皮膚にも優しい!なので手袋やマスクも不要。しかも使用した箇所の水洗いや拭きとり作業もないので気軽に素手で使えるのもとても便利です。

 

菌を殺すという効能はすごくあるので、風邪にかかりそうな時や、周りにインフルエンザやノロウィルスにかかっている人がいる場合に短期的に使用することとうがいに使うのはとってもとーってもいいと思います!

 

それと消臭効果もバッチリなので、ペットを飼っている方や介護などされている方にはうってつけですよ~。

 

私は次亜塩素酸水を常にいい状態で常備しておきたいと思ってますから、近々生成器絶対買うつもりで~す。

生成器のいいところは都度作れるところ。週2~3回程度使うだけだと、減らないので劣化もします。

 

そのために生成器が欲しいのですよ~!本当は業務用が欲しいんですけど^^(どんだけ次亜塩素酸水好きなのかしら)

 

↓買う予定はこれ♪ 絶対ゲットするぞ~ ⇒とうとう買っちゃいました♪

 


PAGE TOP