発達障害児はもっともっとITを活用すべし!

2015年10月9日

発達障害児とHAPPYに暮らすHash! です。

 

ITの世界に関しては良い面、悪い面ありますが、発達障害や身体に障害のある方にとってはとても頼もしい世界だと思います。

 

あら素敵♪と思った記事がこちら

経済プレミア(IT・テクノロジー)の記事

 

 

iPhoneユーザーですが、まったく気が付かず^^この記事はiPhoneのことについてなのでAndroidを使っている人はすいません!

 

 

実は以前AppleのサイトでAppleと教育(支援が必要な学習者向けの教育)の記事を読んでいてAppleやるなあって思ってたんですけど、iPhone、iPad、iPod touchに補助機能がついているというのをすっかり忘れてまして^^

 

Apple
Appleやるね!

 

ついアプリに目が行ってしまいがちですけど、もうすでに手の中にあるんですよね~・・・

 

近くにあるものは目に見えないってほんとですわ^^

 

iPhoneを子供に合ったカスタマイズしてみよう!

「設定」の中の「アクセシビリティ」を開いてもらうと色々カスタマイズできます。

文字の大きさを変える

画面を拡大表示

色を反転させたり暗くしたりする

文字やアイコンを音声で読み上げる

などの機能が使えます。

 

そういや、Siri もありますしね^^

 

いやー使わないのはもったいないです!!

 

こういったすでについている機能とアプリを連動させれば怖いものなし?!ですね^^

 

紹介されていたアプリはこちら

指伝話

 

Voice4u JP 会話支援アプリ

うちの娘っちは場面緘黙なので会話支援アプリはいいですね!

 

となると、子供にも使わせたいけど自分のiPhoneは渡せない、自分はAndroid使いたい・・・などになっちゃいますよね。

でも3大キャリア(DoCoMo、au、ソフトバンク)でiPhoneをもう一台というのはちょっと経済的に厳しい・・・

 

 

その場合はSIMフリーのiPhoneやiPadをお子さんに使わせるという手もありますよ!

 

さて最近巷でよく聞く、SIMフリーとはなんでしょうか?

 

現在、ほとんどの携帯電話(ガラケー)とスマートフォンには、「SIMカード」が入っています。お店で店員さんが小さなカードのようなものを入れているのを見たことがあるかと思います。

 

実はこの「SIMカード」を挿し替えることでどの携帯電話やスマートフォンでも使えるようになるのです。

 

実は国内キャリア(DoCoMo、au、ソフトバンク)から販売されている多くの機種には、そのキャリアでしか通信できないようにロックがかけられているのです!それを「SIMロック」と言います。

「SIMロックがかかっているから」などという言い方しているのを聞いたことがあるかもしれません。

 

つまり、この逆でSIMカードにロックがかかっていないものが「SIMフリー」というわけですね^^

 

SIMフリーの携帯電話やスマートフォンであれば、SIMカードを好きなものと入れ替える事が出来ますし、自分の使用頻度などにあった料金形態も選べます。

 

SIMフリー端末を買えば、キャリアのものでもありますし、その他さまざまな会社(MVNO)の格安SIMを使うことが可能になります!

 

各キャリアの2年縛りについては今議論がされていますよね!

 

後はたくさんのMVNOの会社から自分にあったSIMを選ぶことが大切です。

IIJ IIJmio SIM ウェルカムパック microSIM 版 <開通期限2016年3月31日まで> IM-B054

新品価格
¥540から
(2015/10/9 17:00時点)

mineoエントリーパッケージ au/ドコモ対応SIM(マイクロ、ナノ、標準) データ通信/音声通話 月額700円(税抜)~ <最低利用期間なし> 511015

新品価格
¥1,600から
(2015/10/9 17:00時点)

 

OCN モバイル ONE 【データ通信専用】 マイクロSIM

新品価格
¥895から
(2015/10/9 16:59時点)

SIMフリーに関しては今度ゆっくりと記事に^^

 
子供にスマホを持たせたい方は格安SIMで対応で十分ではないでしょうか。

 

私はSIMフリーのタブレットが欲しいなあと思ってます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGE TOP