発達障害児が小学校1年生になるときに必要な大切なこと

2016年3月2日

発達障害児とHAPPYに暮らす”Happy Life recipe”を提案するHash! です。

 

息子っちは来春2016年、小学校1年生。

小学校
小学校~

 

早いようでもあり、ようやく1年生かという感じもする。

 

 

2番目なので準備ものんびり。男の子だからランドセルや道具もそれほどこだわってないのでさらにのんびり。

 

でも何より心配なのが小学校生活・・・

 

親自身として心配な「小1の壁」もありますよね。

 

それまでに準備しておいたほうが自分も子供も楽チンですよ。

 

小学校入学までの準備で大切なこと

発達障害児をお持ちの親御さんは特に心配なときですよね。

小学校となると幼稚園や保育園のように先生からの目が行き届かないですし、お友達とのトラブルや勉強の問題も・・・

 

小学校生活をスムーズに過ごすためには、「周りにいかに理解してもらうか」が重要なポイントになります。

 

何に対しても「直接ではなくて、間接的に」という方法が一番いいなと感じましたのでお伝えします。

 

専門医にかかること

このサイトを見てくださっている方は発達障害と決まっている方だけではなく、グレーゾーンだったり、発達障害かもと考えている方もいらっしゃると思うのですがまずは疑わしかったら専門医にかかるがポイントです。

 

学校には医師の診断が強い絶大なる効果を持ちます!!診断書は魔法の紙です^^

 

医師が診断したという証明があると、対応も早いです。

 

診断が付かなかったとしてもしっかりと「専門機関で見てもらった」というだけでもいいと思います。

 

まずは教育委員会へ

そしてこれが一番大事です。

担任の先生にいっても実はあまり対処してもらえません。

 

教育委員会から言われてこそ、学校の先生すべてに情報がいきわたり、対処してもらえるからです。

まあ学校も会社と一緒です^^

 

それは娘っちのときにすごく実感しました。

 

なので教育委員会のお知らせは注意してみていたつもりでしたが、息子っちの場合は保育園からくる教育委員会からの夏の就学前相談を見逃してしまっていて、あわてて秋の相談会に行きました。

 

娘っちのときも相談にのってもらったので勝手はよくわかるんですけど、娘っちと息子っちの発達障害の度合いは違う(当たり前だけれど)ので

はてはて、息子っちの場合はどうなるもんかなあと思っていってきました。

 

心配をよそにしっかりできていたのがとっても嬉しかったです!!

 

ファイル作成や面談など面倒ですが無料でテストを受けさせてもらえますし、普通学級でいいのか、支援級か、通級か支援学校かなど自分の子供がどういった支援がベストなのかしっかり相談にのってもらえますので、第三者から客観的に見てもらえるというのは心強いです。

 

学校の先生へ

担任が発表がされるのは結構ギリギリです。

なので発表後、入学前の4月に担任の先生とお話しできればベストですね。

 

正直先生達は自分たちの技量であれこれ決められないのが難しいところです。うちの子だけでなく、たくさんの生徒を見なくてはいけませんし、発達障害でなくても何かが苦手だったり、コミュニケーション取りづらい子だったり、慣れない学校生活でトラブルは起こりがちですから。
場面緘黙症の娘っちは人からみて目でみてわかる(しゃべれない等)ので、まあ伝えやすい。

 

問題は多動&LDの息子っち。

一時は重度の多動と診断されていた息子っちだけれど座ってられるし、一人だけ大騒ぎして園に迷惑をかけるなども、お友達に手ばかりだすなどもほぼなくなっていて多動に関してはあまり心配しなくなっているんですけど、問題はLD(学習障害)の部分。

 

こういう子が一番難しいのかなと感じています。

 

小学校で習うから入学前に字はかけなくてもいいなんてのんびりしていると実はLDだったなんてこともありますからね。

 

LD以外症状がなく、普通な感じであれば本人ももちろん、親も気が付ないし、先生も気が付かない。

誰もが単にこの子は「字を書こうとしない、努力しない子」というレッテルを張られてしまいがちだからです。

実際はできないからやらないのに、結果怒られてしまう子供たちも多いと思います。

成績表などにかかれれば、親にも怒られるわけですからね。子供がかわいそうです。

 

そのためにやはり事前のWISC-Ⅲ(ウィスク)検査 などしていると結果にでているので本当に助かります。

 

息子っちはWISC-Ⅲ(ウィスク)検査やビジョントレーニングでの検査で「耳からの情報処理が苦手」「頭の中のものを出力するのが苦手」とでたのです。

実際字などは読めますが、見て書くのが苦手でしかもじょうずに書けません。

そして耳で何か支持されてもすぐに理解できないのでなかなかお友達と遊べません。

 

絵が描けない、字が書けないというのも目でわかるような気がしますよね。絵や字が下手なのはもちろんわかります。

 

でもそこには隠れているものがあって

「年長さんだからこの程度でも問題ないのでは」

「得手不得手はあると思うんで、今後の練習次第で」

「学校へいけばお友達もやっているので真似します」

 

的なことで終わらせてしまいがちになること!!!!これが一番怖い

「お母さん大丈夫ですよ~」と言われて、はい終わり的な?

 

教育委員会への提出物に保育園での様子を書いてもらうところがありますが、「板書できません」なんてあるわけがないですよね^^

 

 

字が下手でも「年長だからとか練習すれば」で終わってしまうのです。

 

 

でもちゃんとWISC-Ⅲ(ウィスク)検査など試験を受けると顕著に得手不得手がでてくれるんです。

 

こういった結果を先生にも伝えておけば「この子は字が書きにくいから」「絵で伝えよう」とか考えてくれますからね。

 

 

まとめ

まずは「外堀(教育委員会)から攻める」ことがとってもとっても重要です。担任以外の先生にも情報が行くので気にかけてもらえますし、何より「こういった機関にしっかりと相談に乗っている親」としてもマークされるので「こういったときは大丈夫ですか?」と先生から声がけしてもらえたりします。

 

ですが学校の先生はとても忙しくて大変なので、頼るだけではなくできるだけ自分たちも協力することが一番大切だと思います。

場面緘黙症の特長などをピックアップしてさらに娘っちはこういうことは大丈夫でこういうことは苦手ですというファイルを渡しました。

 

あち、娘っちの場合は登下校中の場合はどうしようもないので

・ランドセルを開いた辺りに「場面緘黙症なので声がでないことがあります」というのがわかるような資料を入れて、他の誰かが見たときにわかるようにしています。

・ホイッスルの中に名前や連絡先などを書いた紙を入れられる「レスキューホイッスル」をランドセルにつけています。

 

私が思うに、入学前にあらかじめ試験など受けることによってあらかじめおおざっぱでも子供の特性がわかれば、

「言葉だけでは理解できないので目でわかるようなシートで指示をだしてください。」

「字が書けないのでマスを大きめのノートを使ってもいいでしょうか」

「板書の部分をプリントでもらえないでしょうか」

等、その結果から先生や周りの人に伝えられることがたくさんあるはずです。

出来ない部分がわかれば助けてもらえることも多くありますから。

 

私は小学校入る前にすべての幼児に試験を受けるのが必要なのではないかと思っています。

 

伝えたことが伝わらないことで「この子は言うことを聞かない子」と先生からレッテルと貼られるかもしれない。

「自分がなんでできないか、どうすればできるのか」って子供にわかるわけがないですからね。

 

検査結果を見て凹む親御さんもいるとは思いますが、もちろん検査の結果がすべてではないし、しかも5歳~6歳の年長さんが検査するってすごいことですよね。

だからたまたま当たった問題とか、緊張してできなかったなども考慮しなくてはいけないですけど。

 

結果はすべてではないですが、しゃべれない子供に代わって饒舌に語ってくれます。

 

Hash!ママはぜひ入学前の子供達すべてが検査など受けれるようになってもらいたいと強く思います。


PAGE TOP