発達障害児とアロマで脳を活性化!普段から香りを取り込もう

2016年12月26日

発達障害児とHAPPYに暮らすための「親子生活向上ホームケアプログラム”Happy Life recipe”」を提案するHash! です。

 

アロマが日常的なものになりつつあり、香りを生活に取り入れている方も多いと思います。

 

香りが脳に効くというのは科学的にも実証済みで、アロマセラピーは癒しというレベルではなく医療の現場などにも取り入れられているのはみなさんもご存知かと思います。

 

香りが大脳辺縁系や視床下部に伝わると、機能が整ってくれて恒常性を維持するので色々なものに影響されにくくなるとういことですね。

 

そして嗅覚は感覚を処理すると言われている視床下部や海馬に反応するので、臭覚が良い=本能的な感覚にも影響するというこです。

 

現代は本能的な能力が低下していると言われています。

なんたっていつだって明るいし、温度は適温にできるし、食べ物はいつでも食べれるし、情報はいつでも手に入るし。

そりゃ~本能を使う事なんてないですよね。

アロマオイルと使う事によって香りが人の本能の働きを直接刺激するお手伝いをしてくれます。

アロマオイルを使ったアロマセラピーは芳香浴はもちろん、オイルに混ぜてマッサージしたり、入浴や部分浴(手浴、足浴)などその他たくさんの利用方法があり、薬理効果を持った精油を呼吸器や皮膚から吸収させることによって、身体や精神的な不調の軽減に働きかけていきます。

精油にはアレルゲンや発癌性物質!をも含まれていることもあります。あの小さなボトルに入っているオイルがこんなにも身体や心に影響を与えることができるなんて自然の持つ力は本当にすごいなあと感じます。

我が家ではユーカリオイルがインフルエンザに大活躍してくれました。オレガノはさらに最強らしいので買っちゃいました^^

インフルエンザなどの予防に使ってます。

 

最近ではテレビでアロマが認知症に効く!ということで、精油が品切れだったこともありましたよね。

私はアラフォーおばちゃんなのでアロマのショップの店員さんにも美容の方ではなくて認知症の話をされ^^トホホ

40代から認知症が始まっていると言われていて、「認知症予防に早くからアロマを活用しているといいそうですよ」とのお言葉。

 

そして精油(エッセンシャルオイル)には発達障害に使われる薬と似ている作用を持っているそうで!!

特に柑橘系のオイルが発達障害児には効果があるのではないかと言われています。

 

我が家は高齢者の両親と発達障害児2名(&アラフォーのママ)なので、これは取り入れなあかん!と思って無印のアロマ ディフューザー買っちゃいました。

 

とはいえ、アロマ ディフューザーは水を変えたり、アロマを加えたりの管理が必要なので、気軽にどこでも使用できるスプレータイプもいいなあと思い、たまたま見たチラシに載っていたレシピで「アロマリフレッシュナー」を作ってみました。

 

アロマリフレッシャー」なら気軽に普段の生活に取り入れられますし、持ち運びもできますからいいですよね。

 

うちの子供達は鼻が利くので、嫌な匂いがすると発達障害児はつい思ったことを口に出しちゃうので、そんなとき何気なくハンカチなどにシュッとするのもいいかもしれません。

 

お部屋にアロマはもちろんいいと思うのですが、香りが苦手な方やてんかん持ちの方には良くない香りもありますので、お友達を呼ぶときなどは要注意ですよ!

 

ではいつでもどこでもリフレッシュできるアロマのリフレッシュナーを作ってみましょう♪

アロマオイルでリフレッシュナー
アロマオイルでリフレッシュナー

まずは準備

準備するものは

・精油(お好みのエッセンシャルオイル) 6滴   ※お子さんだけの使用の場合は3滴以下

・無水エタノール 10ml

・精製水               90ml

・スプレイヤー(入れ物)

 

です。

柑橘系と言えばオレンジレモンが思い浮かびます。娘っちがレモンが好きなので今回はレモンをチョイス!

ですがレモンは作用がとても強いので、お子さんだけに用いる場合は濃度も大人の半分以下の薄めのものを使用してください。

 

今回使ったエッセンシャルオイルは大好きなアメリカの通販会社アイハーブでNow Foodsのものを買いました。(お得なセール中♪

Now Foods, オーガニックエッセンシャルオイル, レモン
Now Foods, オーガニックエッセンシャルオイル, レモン

Now Foods, オーガニックエッセンシャルオイル, レモン, 1液量オンス (30 ml)

この量(30ml)で約600 円!!だいたいちまたで売っているものは5mlとかですよ。

アイハーブのNow Foodsのものは高品質なのに量も多くて、さらに激安で買えるが嬉しいです。

やはり品質が良くて価格が安いエッセンシャルオイルはとっても助かります。日本じゃ考えられない価格です^^

ぜひアイハーブで買ってみてください!アイハーブでのお買い物が不安な方はこちらから

 

代替療法にはユーカリオイルティーツリーも常時持っていたいお勧めのオイルです。

 

アイハーブで取り扱っているエッセンシャルオイルは「NowFoods」「Nature’s Alchemy」「Aura Cacia」の3つが代表的です。

NowFoods」ほど多く要らないや、メーカーによって若干香りも違いますので激安なアイハーブで色々なメーカーを購入してみてご自分に合ったもの見つけてください。

私はAura Caciaというメーカーも大好きです~

 

無水エタノール精製水は薬局に売っています。

実はNow FoodsのアロマオイルはAmazonでも買えますので、「個人輸入はハードルが高い」「Amazonポイントが使いたい」という方は手軽に買えるAmazonでもどうぞ!↓

NOWエッセンシャルオイル オレンジ精油 アロマオイル 30ml 【正規輸入品】

 

作り方

超簡単です^^

 

  1. スプレイヤーに無水エタノールを10ミリリットル入れ、そこに精油を6滴入れて良く混ぜます。
  2. ①に精製水90ミリリットルを加えて混ぜ合わせます。

以上です^^

 

使う時には良く混ぜてからシュッしてくださいね。

 

私は今回レモンしか入れてませんが、ぜひ色々なブレンドも試してみてください!

 

精油を使う時の注意点

精油は植物の成分をギュッと凝縮してあるものですので、とても有用な成分が含まれているのですが、その中にはとても強い成分や毒となってしまうものも含まれているものも多くあるので、使用するには注意と知識が必要です。

 

そして原料は植物ですので、その年の植物の出来によって精油の性質は多少変わります。必ずしも常に質が一定ではありません。自然のものですから劣化もしますので古いものは使わず、購入して使い始めたら早めに使い切るということも大切です。

 

①使用する人への注意

妊娠中や妊娠の可能性がある場合、病気の治療中の場合は精油が影響する場合もありますので、医師などに相談することをお勧めします。子供や高齢者に使う場合にも注意が必要です。

体調不良の時もお勧めできません。

薬を飲んでいる方もその作用を阻止してしまうオイルもありますので注意が必要です。

 

②まがい物に注意!

100雑貨屋さんなどにあるものが多いのですが、安くて量も多いものは価格重視のため、科学的に香りだけ似せて作ってある合成のものも注意が必要です。それらを使った場合は身体にどんな影響をもたらすかわかりません。

 

③使用する量に注意

驚くほど効果がでてしまうこともありますので、精油は多ければ多いほど良いのではなく、きちんと用途別に濃度などを守って使用しましょう。

いくらお気に入りの香りや効能があるとはいえ、ずっと同じ精油を使い続けると香りや作用に体が慣れてしまうと言うことがあります。

 

④保管場所に注意

直射日光が当たる場所、高温多湿になる場所は避けて保存しましょう。できるだけ温度や湿度が一定の冷暗所での保存がお勧めです。

特に柑橘系のものは劣化しやすいので保管に気を付けて使用期限中に使い切りましょう。

 

⑤使う機器について

水を使うタイプのアロマ ディフューザーは注意が必要です。水を使用するので雑菌等が繁殖しやすいです。特にディフューザーを使用するということは空気中に精油の成分が呼吸することによって体に製油の成分が入っていきますので、体にはよくないのではという説も。なのでわが家ではリビングではなくて玄関などに置いています。

火を使うタイプのものはお子さんや周りに置く場所などよく考えましょう。

なので精油はディフューザーではなくて、マッサージとかお部屋に軽く香らせるとかそういった方がいいのかもしれませんね。

 

⑥長期間の使用は避ける

つい「●●に効く」となると同じものを長期間使用してしまいがちですが、慢性毒性により肝臓や腎臓に害を及ぼすこともあるので連続の使用は避けましょう。少量でも肝臓や腎臓に害を及ぼすものもありますよ。

 

今回作ったレモンは光毒性があるタイプなので、日光に強く当たる時には肌にはつかないように気を付けてください。冬でもですよ!

 

 

精油成分は分子構造が小さく親油性もあるため、皮膚に浸透します。なので精油は香らせるだけではなくマッサージなどにもぜひ活用したいですね。

私はメディカルアロマに注目しています。(子供には注意が必要です)

 

この本は評判が良いようで、初心者の方はアロマクラフトや、お掃除、お洗濯でのアロマの利用法も知ることができて、本格的に勉強したい方にも良い本ですよ!お勧めです。

 

まとめ

アロマオイルには様々な使い方があります。嗅いだり、塗ったり、スプレーやデュフューザーで香らせたり、ペンダントとして付けたり・・・たくさんの楽しみ方がありますが、妊産婦・子供・病気やアレルギーをお持ちの方には注意しなければならないものも多数ありますので使用の際には本当にご注意くださいね。

 

特に6歳以下の場合は芳香浴のみの使用をおすすめします。

 

また、効果があると言われている精油の香りが苦手というお子さんもいらっしゃるかもしれませんので、その時は無理にその香りに固執しない方が良いそうです。

代替医療の先生も「合わない香りを嗅がされても子供に負担がかかるだけ」ということをおっしゃっていましたので。

 

いつも部屋を香らせておきたいと思っていた私ですが、グレープフルーツにアレルギーがあるお子さんがいることを知って、自分でもアレルギーの自覚のない人がアロマを嗅ぎ、ショック症状がでてしまうなどのことも考えられますのでやみくもに部屋を香らせるのも危険なんだなと思ってます。

 

ぜひ柑橘系にこだわらず、発達障害児育児にアロマを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

手軽に買えるアイハーブのアロマオイルはたくさんありますのでぜひチェックしてみてください!アイハーブで初めてお買い物される場合はクーポンコードを入れるとさらに安く買えますよ~^^

Now Foods

Aura Cacia


PAGE TOP