小学生にプログラミング来たーーー!!!でも英語も必須でしょ?デジタルネイティブっ子達にはもう当たりまえの話

2016年8月1日

発達障害児とHAPPYに暮らすための「親子生活向上ホームケアプログラム”Happy Life recipe”」を提案するHash! です。

 

現代のデジタルネイティブの子供には「プログラミングが必須」だぜ!!(発達障害児には特に)と再三強くお伝えしているHash!ママですが、最近ほんと猫も杓子も「子供にプログラミングを」的な記事やネットで載ってますね~。

Programming
Programming

 

書籍や雑誌でも取り上げられています。良いことだと思います♪

↑こちらの「[ママとパパのための]こどもプログラミング読本 ――「未来をつくる力」を育てる」は、子供になぜプログラミングが必要かを親に対して向けている本です。

 

茂木健一郎さんなど著名な方が伝えています。

巻末にはいろいろなプログラミングを学べるサイトの記載や、小冊子として「Scratch(スクラッチ)」と「Viscuit(ビスケット)」の簡単な使いかたなども記載してありますので、お子さんへ「Scratch(スクラッチ)やViscuit(ビスケット)やってみる?」ということで見せてもいいのでお得な本です^^

 

このほか、子供にプログラミング勧める理由系の本はまだまだたくさんありますのでぜひ読んでみてください。

 

「プログラミングを子供たちへ」がやっと来た!

というか私にとっては遅いよ!って感じですけど^^

 

とはいえ、どれを見てもまだまだ同じような記事ばかり。これだけ取り上げられてくると猫も杓子も・・・となってくるのが霹靂ですが。
「プログラミングは大事だ」、やれ「スクラッチ」だ、「マインクラフト」だの。・・・って私もマインクラフト派ですけど^^

 

「大事なのはわかるけど」で終わっちゃいけませんよ、奥さん!

 

これだけ色々なところで「子供たちへプログラミングを!」と言われていても、「ふ~ん」とスルーしているママやパパも多いです。いやいや、「ふ~ん」じゃなくてほんとこれから大事ですって!!

 

ママが興味があって、パパがない場合は東洋経済のような雑誌なら興味がないパパにでも見せられるのではないでしょうか?ぜひ買ってなにげなく置いておくのはいかが?

 

この本は物語でプログラミングに触れられる絵本ということで素敵です。

お子さんと一緒に読めるのでママにもお勧めです。

 

地方でも子供たちにプログラミングを教えてくれるところも増えてきましたね。ありがたいです。

でもまだまだ地方では、単発でちょっとスクラッチ触らせるだけとか、レゴを動かしてみるとかのレベル。

 

正直参加した後はうむむむむ・・・でした。

 

わが子は秋葉原プログラミング教室に通わせたいなあ・・・無理だけど。

通信とかユーチューブとかでなんとか地方でも受けれるようしてもらえないかしら。

 

とっかかりにはいいと思いますが、そこで終わっちゃせっかくの子供たちの興味は「あ~面白かった」で終わり、ゲームをやることに戻るだけです。

 

とても有名なプログラマーの方へのインタビューで、「プログラミングを学ぶために大切なプログラミング言語はなんですか?」という質問に対し、「英語です^^」というお答え!

そうですよねえ・・・

 

プログラミングって英語じゃん!

当たり前っちゃ当たり前なんですが、すべて英語表記^^

 

うちで困ったのは大文字を最初に教えているので、小文字と大文字が一緒にならないこと!!

 

最初から大文字小文字はセットで教えるべきですね・・・

 

パソコンのキーボードは大文字で、プログラミングは小文字。なかなか頭で一致できなくて苦戦してます。

 

そんな中、英語とプログラミングを学べる教室も増えてきましたね~さすがに東京がほとんどですが。

 

これって最高だと思います^^

英語はこれから絶対必須だし、英語&プログラミングができれば世界中どこでも仕事ができますからね!!
ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法

プレゼンを100%成功させる!! ITエンジニアの英語

Java様 IT英語を教えて!―システム開発の最新事情から学ぶプログラミング英語 IT英語を教えて!シリーズ

ITプロジェクトの英語(無料MP3音声付き) (ビジネスエキスパートEnglish)

ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30

 

本もいっぱいでてます。(まだ他にもあります)

 

そして子供にばかり「英語とプログラミング!」とかいってないで、自分も勉強しなくてはですね^^本買って頑張ります。

 

 

プログラミングがなぜいいか?

もちろん言語が書けたりすることや英語ができればいいわけではありません。

 

これからは「自分で考えだせる力(解決力)」「自ら作り出す(創造力)」「話し合いできる(ディスカッション力)」ことってとっても大事だと思うんです。

試験で良い成績とるだけでは生きていけない世の中。

 

プログラミングならこの3つ兼ね備えているんじゃないかな。と私は強く感じているからこそ子供たちにやってほしいと私は思っています。

 

とにかく日本はのんびり過ぎて危機感がなさすぎるのを危惧してます。こちら

 

今後どんどん国際化が進む(というか進まざるを得ない)中で英語は当たり前というレベルです。

 

今後は人口知能が発展し、仕事がどんどん自動化され行く中で、人間がする仕事は限られてきます。

 

英語だって自動翻訳機があるし、プログラミングだって勝手にやってくれるかもしれません。

 

そんな状況の中生き抜いていくためには、プログラミングと英語は当たり前レベルでさらにその他の多様なスキルを身につけなくてはいけませんよ~。

 

まとめ

そんな中私がとても注目しているのは「灘高校 パソコン研究部(http://www.npca.jp/)」勝手にリンクすると悪いのでご自分で調べてください

まあこちら、おそらく日本一レベルのパソコン研究部かと思われます^^

 

部誌も公開されていて、2009年度部誌の「プログラミングを組めるようにしよう」なんて読むと下手な本よりわかりやすい!小学生高学年の子や、ママにお勧めです。

TEDxKidsChiyodaにも卒業生でてます。

 

我が子達がこのくらいになってほしいのはやまやまですが^^まあ比べないようにします。

 

このようなレベルでパソコンを使いこなせるレベルが日本中の子供達ができるようになれば国力も回復しそう^^

 

もちろん英語やプログラミングだけではなく、どんどん外での色々な体験させてその子に合ったものを見つけ出してあげましょうね!!


PAGE TOP