おねしょ(夜尿症)にイスクラの漢方が効いた!

2016年12月27日

発達障害児とHAPPYに暮らすための「親子生活向上ホームケアプログラム”Happy Life recipe”」を提案するHash! です。

 

おねしょ(夜尿症)でお悩みの親御さんも多いのでは?

 

実は我が家の2人の子供たち、どちらもおねしょ(夜尿症)でございます。

 

保険の効くツムラの漢方を処方してもらっていましたが、娘っちは小学校3年生でもなかなか治らず・・・

 

とはいえ、「西洋薬には頼りたくない」ということで、街の漢方を処方してもらうところに行くことにしました。

 

父が昔かかったという漢方薬局へ予約の電話を。

 

漢方薬局に行ってみた

入った途端、当たり前だけど漢方薬のいい香り。

娘っちは「朝鮮人参の匂いがする」とかいってたけど。さすが普段から朝鮮人参の匂いをかがされているだけある^^

 

紙に色々書いて、話をした結果娘っちに処方されたのはイスクラ産業の「星火亀鹿仙(きろくせん)」「心脾顆粒(しんぴかりゅう)」

イスクラの漢方薬

イスクラの漢方薬

腎の成長が遅いということで腎の強化がポイントだそう。

 

正直「イスクラ?!」と生薬を出されると期待していった私はびっくりしたのですが(ちゃんと調べてからいけばいいのに)

大人が飲むようなものでいいのかなと心配もあったのですが、まあ試してみるかということで飲ませることにしました。

 

漢方だけではなく、水分コントロールや生活指導があり

・食後は水分を取らない

・甘いものやしょっぱいものは食後に食べない

・9時半には寝せて5時半に起きてトイレへ行く

・おしっこがしたくなっても5分くらい我慢させて膀胱を大きくする

ということでした。

 

ふむふむ。

 

1年くらいかけてじっくり取り組まなければいけないそう。

とりあえず来年まだお泊りはないので良かったです。

 

水分制御は夏場スタートだとちょっと厳しいかもしれませんね。

さらに水分大好きな娘っちにはちょっときついようでした。

 

味は?飲むタイミングは?

味は漢方慣れしている娘っちは大丈夫だろうと思っていたのですが、どうやら苦手なよう。

 

「星火亀鹿仙(きろくせん)」は液状?というかエキスというかドロリとした感じ。

「心脾顆粒(しんぴかりゅう)」は粒が荒い顆粒です。

 

二つ混ぜて飲んでもいいし、お湯で割ってもいいということでどちらのバージョンでもやってみましたがまあ子供にとっては苦痛のようです^^

漢方薬混ぜてみた
漢方薬混ぜてみた

私も味見しましたが苦くなくて飲みやすかったですけどね~。

 

漢方ということで食前を勧められましたが、子供ですのでどうしても飲めない場合は食後でもいいそうです。

 

飲んでみて?

水分大好きな子なので水分コントロールは結構大変でしたが、どうしても水分が取りたくなった場合は氷を一つなめさせました。

それだけでもずいぶん落ち着くようです。

 

この漢方を飲むと眠くなる子もいると聞いていましたが、娘っちも22時過ぎに寝てたのが飲み始めた日には21時半頃寝ちゃいました!

びっくり^^

その後はもう少し遅くなりましたけど、早く寝せるようにしました。

 

薬だけに頼らず、生活習慣を変えることも大切ですよね。

 

まとめ

実は飲んだその日からおねしょしなくなりました。

 

漢方薬局へ行って相談して良かったと思います。

すくすく育って見えるのは外見だけで、膀胱は未発達ということでしたね^^

 

うちの子の場合はツムラの漢方は効かなかったですが、イスクラの漢方は劇的に効きました。

とはいえ、お子さんによって違いはありますのでまずは保険が効くツムラからはじめてもいいのではないでしょうか?

 

ぜひお試しあれ!!


PAGE TOP