Hash!とは~発達障害と共に生きるためにやってみていること~

2016年9月14日

ようこそ!発達障害児とHAPPYに暮らすための「親子生活向上ホームケアプログラム”Happy Life recipe”」を提案するHash! です。

 

私は「場面緘黙症」の女の子と「多動症&LD(ディスグラフィア(書字障害)、ディスカリキュア(算数障害)」の男の子の

二人の子供を持つシングルマザーのママです。

 

まずこのブログのコンセプトは「生活価値感を変える」が最大の目標です。

親側・子供側の視点に立ち、発達障害児の子育てに対してより良い生活ができる情報をシェアしています。

 

 

こちらへ来て下さった方はきっとご自身のお子さんが「発達障害」と診断を受けていたり、「もしかしてうちの子発達障害では?」と一生懸命ネットで検索して来てくださった方がほとんどかと思います。

 

発達障害じゃないかと思ってショックを受けている方も多いと思います。でも私は違いました。

 

「良かった!私の育て方のせいじゃない!!これで対処する方法がわかる!」と。

 

子供が発達障害とわかったことで

うちの子は馬鹿じゃない!わからないからできないだけなのだ。機能がそうなっているだけなのだ

と思うことできました。

 

残念ながら人間は平等ではありません。

 

なんど言ってもできない、お友達の●●ちゃんはできるのに、うちの子は馬鹿なんだ・・・と切なくなることもあると思います。

でもうちの子は馬鹿じゃないんです。できないだけなんです^^

 

先生からの指示が入らない。それはもしかしたら耳からの処理が苦手かもしれません。

 

授業を受けていて字を書かない。それってもしかしたら字が歪んで見えているかもしれません。

 

算数ができないのは算数障害(ディスカリキュリア)かもしれません。

 

人と同じことができない=馬鹿  ではないのです。

 

発達障害と分かったのならば「うちの子は何ができないのか?」「そのできないを補助するにはどうすればいいか?」を把握し、実行すればいいんじゃないかと私は思いました。

今の時代ならテクノロジーが手助けしてくれます。

 

人よりは生きにくいかもしれません。でも発達障害の特長を活かして人生を楽しく過ごしている方もたくさんいます。

 

世の中に多くの情報に溢れていますが、このサイトではあらゆるジャンルから良さそうと思ったもので、自ら使ったり試したものをご紹介し、皆さんの固定概念を変えるきっかけになってくれれば良いと思ってこのサイトはこれからも発信していきます。

 

何よりお子さんの「特性を知る」「困りごとを知る」のが一番です。

 

Hash!として基本はこの3本の柱です。

発達障害児への薬物治療は必要だとしても、あらゆることを精一杯手を尽くした後の最終手段と思っています。ほとんどの発達障害児に薬物は必要ないと私は考えます。

そのためにやっていきたいものです。
①食事療法・栄養療法(バイオメディカル療法)

発達障害児に有効とされているGFCF(グルテンフリーガゼインフリー)を元に、糖質控えめの「ローカーボ」「ケトン食」「パレオ食事法」を推奨しています。ですが厳格なものではありません。ベースは分子栄養学を取り入れています。

糖質制限がちまたで流行っていて徹底的に糖質を断つ食事療法もありますが、子供たちとっては糖質も成長にとって大切な栄養素ですのでお勧めしていません。

現代人はどうしても糖質を多くとりがちです。特にパンや麺類などはそれだけで終わってしまいがちで栄養が足りていません。カロリーだけ高く、栄養失調という問題もでています。そもそも食事にも多く糖質は含まれていますので、糖質は控えめで良質なたんぱく質をしっかりとり、しかもできるだけ糖類を上げた不自然な果物や市販されているような添加物たっぷりのお菓子などは食べないような食事療法を目指しています。

 

また、うちの子供は通常のアレルギー検査で卵・牛乳、遅延アレルギー検査にて小麦粉・卵・牛乳・アーモンド・緑豆のアレルギーがありますが、牛乳を飲むこと以外は完全除去してません。

アナフィラキシーショックはないので、何かに含まれている物に関しては食べさせています。その分単品そのままでは食べさせていません。学校給食でも牛乳は止めています。

 

栄養療法といっても基本は食事です。そしてまずはしっかりと検査をし、その結果をもとに基本は食事からで、その補佐としてバイオメディカル療法を進めるすることをお勧めしています。

 

日本でもバイオメディカル療法を取り入れている医師も増えてきていますが、このサイトではしっかりとしたバイオメディカル療法ができる医師にかかれないけれど取り入れたいという方へ簡単に試せる方法のみ発信しています。

このサイトで記載されてるものを試す際は必ずお子さんのアレルギーや体質を考慮しながら自己責任でお願い致します。責任はとれませんのでお気を付けください。

私はつねに中立派なので、健康食品会社だけの情報に限らず反対意見もよく見るようにしています。盲目的ににならないためにもとても大事なことですよね。

 

 

②身体の適切な使い方や扱い方

身体を動かすものからビジョントレーニングなどの機能を向上させるもの、東洋医学、ヨガ、アーユルヴェーダ、鍼などの医療系からマッサージなどの癒し系、アロマテラピー、精神世界系など多彩です。その他グッズなどを紹介していきます。

 

③IT活用

発達障害児の現実社会で生きていくうえで不便や苦手なところをITに補助してもらうことが大切だと思います。スマートフォンやタブレットを活用したものやアプリ、プログラミングなどについてご紹介していきます。

 

そして将来他人との小さい競争の勝ち負けに巻き込まれないよう、ネットリテラシーを子供のころから築き、ネットとの会話ができるよう活用していきたいと思っています。

 

 

その他、音楽療法やアロマ、色などを取り入れた五感療法、アーユルヴェーダ、リフレクソロジーを取り入れます。

 

 

 

私はあれやこれやという間にシングルマザーとなり、そしてもちろん子育ては初めてだから訳も分からないし、あたふたしながらも育児書なんかも山ほど読んでいました。なぜこの3つなのかのプロフィールはこちらから

 

また私は基本的にあまり「発達障害児だから」という特別なことだけではなく、普通の子供にいいと言われていることも積極的にやっていこうと思っています。

 

発達障害とわかっても子供はとっても愛おしくて可愛くてたまらない存在で、発達障害を苦に思うのではなく人生をしっかり楽しんで生き抜いて欲しいから、様々な療法など試しています。

 

悪くいえばうちの子供たちは実験台です^^

ですが、子供の意見を尊重し、二人が嫌がることを無理にはしません。

 

発達障害のお子さんをお持ちの方は子育てについて色々悩むことも多いと思います。思い描いていた子育てとは遠く、悲しくなることももちろんたくさんあります。そして日々私も悩みながら進んでいる状態です。

 

様々な情報がある中で自分がやってみて良かった、効果があった、あまり良くなかったものなどを多くのママさんへ色々シェアできたらと思い、このサイトを立ち上げました。

 

もちろん私が試した方法がすべての発達障害児へ役立つとは限りません。お子さん一人一人の体質や年齢、生活環境、諸々すべて違います。

子供の身体は大人の身体を小さくしただけではありません。アレルギーなど重篤な問題もありますので、何か試してみる場合は医師と相談してからやご自分でもしっかり調べてみてからお試しください。

 

発達障害は治るとか治すという表現はちょっと違うかなと私は思っていて、発達障害という大きな特性を理解して活かしていくために、自分が知らなかった色々な情報を知ることによって、このブログを通して見に来てくださった方へインスピレーションを与えることができるようになることも目標の一つです。

 

これからどうしていこうと不安な毎日を生きるのではなく、楽しい毎日へと変わるきっかけになって頂けたらと思います。

 

私が発信する情報が一人でも多くの発達障害の子供を持つ方のお役に立てれば幸いです。

 

とにかくすぐに色々な療法を取り入れる前にやっていた方が良いことは

①身体を知る

まずは食べ物のアレルギーがないか、IgG(遅延型アレルギー) テストを受けましょう。

アレルギーのあるものを食べれば体調も悪くなり、身体の機能が悪くなり悪循環となります。

砂糖や乳製品はなるべく取らない

ごはんや麺、パン類などもあまり大量にとらない(大人には低糖質は有効ですが、子供には身体を作る時期なので極端な低糖質はお勧めしていません)

市販されている添加物たっぷりのものをたくさん摂取、外食をしょっちゅうしていないでしょうか。

②身体に合った対応をする

お子さんは運動を1日30分以上してますか?
できれば10:00~14:00くらいの間に戸外で太陽の光を15分以上浴びていますか?

夜遅くまで起きてませんでしょうか?

お子さんの行動や顔色、顔つきしっかり見ていますか?

まずはこのくらいからやってみてはどうでしょうか?
サプリメントなども大事ですが、身体を整えることが一番大切で、

基本の食事・運動・休息(睡眠も)ができていないと何をやっても効果出ないことが多いです。

 

フルタイム勤務でなかなか更新できてませんが、末永くよろしくお願いします。

 

Twitterではぼそぼそとネガティブにつぶやいています^^
Twitterアカウント➡Hash!ママ@Hashbolg

 

良かったらフォローお願いします!

 

Hash!ママ

 

 

Posted by Hash-mama


PAGE TOP